法人税とは

法人税とは、法人の所得に課税される税金の事です。個人の所得税に相当し、国に納める国税となります。法人税は、基本的に事業活動の収益に課されるものですが、その他に連結所得や信託所得、退職年金積立金なども対象となります。決算日から2ヶ月以内に納税する決まりです。

法人税の節税方法4選

電卓

未払い費用を年度内に損金として計上する

今期中に発生しながらも支払いが翌月以降になる費用を決算時に損金として計上すると、税負担が減少して節税が行えます。計上できる費用としては、人件費や通信費、広告宣伝費、リース料、保険金などが挙げられます。

役員報酬を定期同額給与にする

役員報酬は、定期同額給与にすることにより損失として計上することが認められています。しかし、設定を高くしすぎると所得税が増えるため、節税対策として機能しなくなるので注意が必要です。法人税率と所得税率のバランスを考えながら行うことが大切です。

掛け捨ての生命保険に加入する

掛け捨ての生命保険は、全額が経費として計上できるため節税対策になります。保険料×22%の節税効果があります。ただ、解約払戻金は収益として計上されるため課税の対象となるでしょう。

別会社を設立する

やみくもに別会社を設立するのではなく、将来的に利益が認めることを見越して設立しなければいけませんが、大きな節税対策となる方法です。資本金に合わせ、法人税や事業税の税率が軽減されるほか、消耗品が経費として計上され、消費税が免税になります。

税理士に解決してもらう【法人税の節税手引き】

電卓

法人税に関することは税理士に相談しよう!

法人税は書類作成に専門的な知識が必要なこともあり、社内の経理で処理するのが難しいこともあります。節税対策においても、税金の専門家である税理士は多くのノウハウを持っているため、支払額が少なくなるよう上手に処理してくれます。面倒な決算の事務処理を税理士に任せ、社員は本来の仕事に打ち込めるというメリットもあります。経営の相談や、不動産の売買に関する申告などにおいても、税理士はアドバイスをしてくれるので頼れる存在です。ある程度の事業を展開しているなら、税理士と顧問契約をしておくのが良いでしょう。税理士には、法人税の他にも相続税や個人的な納税についても相談できます。税金のことは税理士を頼ることが一番ですが、相続争いが起こって裁判になるなど、法律が絡んできた場合には弁護士にも相談しましょう。東京には税理士事務所も弁護士事務所もたくさんあるので、相続問題の取り扱いを得意とする事務所に相談してください。

電卓

優秀な税理士を見分けるポイント

優秀な税理士を見分けるためのポイントは、まず節税に関する知識が豊富であるかどうかです。税理士の中には節税に積極的ではない人もいるので、どのような節税対策があるかと尋ね、明瞭なアドバイスをしてくれる税理士が優秀と言えます。また、レスポンスが早く、税に関する質問をするとすぐに返答してくれる税理士は優秀です。他にも、役員報酬のシミュレーションを行ってくれたり、経営に関するアドバイスに乗ってくれたり、決算対策をしっかりしてくれることも、優秀な税理士を見分ける大きなポイントとなります。

交通事故の後遺障害手続きを進めよう

江戸川で好評な税理士事務所