HOME>感想>交渉を有利に進める〜交通事故訴訟に対する弁護士の影響力とは?〜

交渉を有利に進める〜交通事故訴訟に対する弁護士の影響力とは?〜

ジャッジガベル

交通事故に遭うと加害者側の弁護士と交渉することになりますが、納得できなければ弁護士に相談しましょう。弁護士に相談することで、交渉を有利に進めることができます。どのように有利になるのかは、口コミをチェックしてください。

レビュー一覧

賠償金の増額に成功しました!

休日に出かけている時に交通事故にあってしまい、しばらく通院をしなくてはならないようになりました。仕事にも影響が出てしまいましたし、プライベートでも出かけるのが難しくなり、いろんな部分で大きな影響が出てくるようになってしまったのです。事故の相手側から賠償金の支払いを提示されましたが、あまりの少額に驚いて、この程度の金額では了承できないと考えました。自分で交渉をしましたが話が前に進みませんでしたので、大阪の弁護士に依頼をしてみると、賠償金の増額に成功できたのです。相手側もまさか弁護士に依頼をするとは考えていなかったようで、油断をしていたようですが、弁護士に依頼をしたらあっさりと増額をしてくれて拍子抜けしました。(30代|男性)

保険会社の対応に不満を感じたので依頼しました

車を運転する者の責任として、保険に加入して保険料を支払っていますので、交通事故がおきた時にはいい対応をしてもらえると考えていました。しかし実際に事故が起きてしまった時に、いい対応をしてくれなかったので、相手側ともめてしまう事になったのです。一度相手の怒りを買ってしまえば、なかなか相手側も引いてはくれなくなり、もめにもめているような状態でした。保険会社のこの対応であれば、いつまでたっても決着がつきませんし、お願いをしている方としてもやきもきした気持ちになってしまいます。これではキリがないと不満を感じましたので、大阪の弁護士に依頼をして早々に解決をしてもらえるようにお願いをし、いい方向に話をつけてもらえて感謝しています。(40代|男性)